トップ > マグロ百科事典 > マグロの種類

マグロの種類

日本人ならば誰もが大好きなマグロですが、その実態は意外にもあまり知られていません。皆さんは、マグロは一種類しかいないと思っていませんか?実は、一口にマグロと言っても5種類もあるんです。これらは、生息地、身長、体重などが違うだけでなく、味にもだいぶ差があります。

クロマグロ(本マグロ)

クロマグロ(本マグロ)

「マグロの王様」とも言われ、マグロの中では最高級品とされています。大トロが多く味・色共に濃いので、お 寿司に向いています。大西洋、地中海、日本近海で獲れ、特に日本近海のものは昔から親しまれて来ました。近年では養殖のクロマグロの出荷も多くなってきています。


ミナミマグロ(インドマグロ)

ミナミマグロ(インドマグロ)

濃い赤色で身質は、固く締まっていてコクがあり、お寿司に向いています。 アフリカケープタウン沖 、タスマン、ニュージーランド、シドニー沖の低水温の海域で獲れます。脂が乗っていることから高級マグロとして、寿司屋や料亭で良く使われています。


メバチマグロ

メバチマグロ

準高級品で、生産量が最も多いマグロです。身質が柔らかく刺身に向いています。赤道を挟んで南北の緯度約35度に渡る広い範囲で獲れます。目玉が大きくパッチリしていることから「目鉢(めばち)」と呼ばれています。


キハダマグロ

キハダマグロ

メバチマグロをほぼ同じ漁場で獲れます。体型がスマートなのが特徴で、赤味のあっさりした味わいが楽しめます。刺身にしやすく色変わりが遅いので量販店向きです。また、身質が固めなので刺身にしても形が崩れません。肌が黄色いことから「黄肌(きはだ)」と呼ばれています。


ビンナガマグロ

ビンナガマグロ

世界中の海に広く分布し、大回遊する小型のマグロです。薄い乳白色で身質が柔らかく安価なため。シーチキンの原料として広く使われています。長い刀状の胸ヒレを「鬢」に例えて、「鬢長(びんなが)」と呼ばれています。

出所:maguroya.com

▲ページの先頭へ戻る

株式会社ブリミー TEL:0969-22-5945

Copyright © 2010 burimy Corporation. All Rights Reserved.