トップ > マグロ百科事典 > マグロを巡る情勢 > マグロ規制

マグロ規制

マグロ漁獲量の削減

マグロ規制とは、簡単に言うとマグロ漁獲量の削減問題のことを言います。先日行われた「大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)」において、大西洋東部(地中海も含む)のクロマグロ漁獲量を2割減らす事が決まりました。この海域は世界でも有数のクロマグロの漁場です。現実的な数値として、以前は3万トンを優に越えていたクロマグロ漁獲量が、2009年までに2万7500トンにまで減らされてしまうのです。

マグロ漁獲量が削減される理由

マグロ漁獲量が削減されるのは、世界中で天然マグロの数が大きく減っていることに原因があります。
なぜ天然マグロがどんどん地球上から姿を消しているのかは、このサイト内で何度か取り上げたように、世界中でマグロ消費量(=まぐろに対するニーズ)が上昇している事に原因があります。
世界中のまぐろニーズを満たすため、天然マグロの乱獲が行われ、結果としてマグロ漁獲量を制限(=マグロ規制)せざるを得なくなったのです。

マグロ漁獲量の削減と日本

マグロ漁獲量が減ると、日本にとってどのような影響が出るのでしょう。
日本の市場に出回っているまぐろの大半は現在、輸入によるものです。その輸入先もオーストラリアやアラスカ近海など多岐に渡っていますが、大西洋東部からの輸入が占める割合も年々増加しています。
そのため必然的に、これらの海域でのマグロ漁獲量が減ると、日本に入ってくる鮪の量も減ってしまうのです。

出所:にっぽんマグロ白書

マグロを巡る情勢のページ戻る>>

▲ページの先頭へ戻る

株式会社ブリミー TEL:0969-22-5945

Copyright © 2010 burimy Corporation. All Rights Reserved.